外壁塗装で住宅の劣化問題を解決、専門業者の選び方

サービスを利用する

外壁塗装のサービスを利用する方法

住宅の劣化にともない外壁塗装も変更しなければならないことがあります。 外壁塗装は新築から10年程度でし直したほうが良いと言われています。最近の建売住宅はできるだけ安い資材や素材を使って価格を抑えるようにしています。これは外壁塗装も例外ではありません。外壁塗装は寿命が短いもので10年弱と言われています。ですので、建売住宅を最初の塗装のしなおしは10年ぐらいがベストなのです。 では、外壁塗装をしたい場合誰に問い合わせたらいいでしょうか。塗装の窓口は工務店やハウスメーカーになります。 ただ、問い合わせる場合に注意するべきことは、しっかり見積もりを取るということです。できるだけ2,3社から見積もりを取ったほうがいいでしょう。

塗装について注意するべきこと

2,3社から見積もりを取る理由は、単純に価格の比較ができるからです。これにより、平均的な価格がわかりますし、インターネット上によくある見積もり一括サイトから見積もりを申し込んだ場合には一括サイトから申し込んだことを業者の方でも把握しているため、できるだけ自社も安くしなければという心理を与えるのです。 もちろん価格が安ければいいというわけではありません。価格についてよくある勘違いに、塗装以外が含まれていない価格が提示されていることがあるのです。通常、外壁塗装は、いきなり塗装をするのではなく、まず足場を組んで、防塵ネットやペンキ飛散防止ネットなどを設置することになっています。これが含まれていない可能性もあるのです。その点については、どの範囲まで含まれた価格なのかを業者に聞いてみるべきです。